関連情報


商品取扱い基準(コープ商品・産直商品と一般仕入れ商品)


項目NB商品コープ商品・産直商品
原料・素材・原料(素材)が明らかであること。・原料(素材)が明らかにされ、その配合がならコープ商品仕様書の中で明確に示されていること。
生産工程・栽培、肥育の何れかが把握でき、加工段階の流れが確認出来ること。・産直品は産直商品基準に定められた運用がされ産直品質保証システムに明記された記録化ができていること。
・コープ商品はならコープ仕様書に記載された生産工程管理ができていること。また生産者・組合員と共にその内容が確認でき、それらの加工先に関しても、ならコープ独自で確認し、組合員要望に応えられるよう常に改善が図られること。
食品添加物・使用された食品添加物が明確に示され、ならコープ食品添加物に関する自主基準を満たしていること。この内容は準備中です。
農 薬・特別栽培農産物(減農薬など)については、使用した物質、濃度、散布回数が明確であること。・産直品は産直商品基準に定められた運用がされ日本生協連青果物品質保証システムに明記された記録化ができていること
飼料・
飼料添加物
・法を遵守し使用されていること。・産直品は産直商品基準に定められた運用がされ産直品質保証システムに明記された記録化ができていること
包 装・法を遵守し使用されていること。この内容は準備中です
表 示・法を遵守し表示されていること・法に即した表示を行なうことはもちろん、使用する側にとって必要な情報を提供すると共に、優良誤認を与えない表現やより見やすいポイントで表示すること。
検査関係・生食用を中心とし、必要に応じて細菌検査を実施します。また商品全般に渡り、必要に応じて食品添加物検査を実施します。
・加工食品で輸入原料を使用している場合は、残留農薬検査の検査結果の報告を要請する。
・商品開発時もしくは供給開始時には、その商品の特性に応じて細菌検査と食品添加物検査を実施します。また農産物に関しては、供給開始前に、農薬などのポジティブリスト制度対応を視野に入れた残留農薬検査を実施します。


[ Back]

Copyright (C) NARA COOP All Right Reserved.
line